遠賀川 中間堰(福岡県)

中間堰は、工業用水等の取水を目的として昭和4年に設置された堰です。

中間大橋付近より下流については、概ね目標としている河川断面が確保できていますが、中間大橋より上流については中間堰がボトルネックとなっており、遠賀川流域では度重なる洪水が発生しております。

河川の断面積を拡げて洪水を安全に川の中で流すことを目的に、中間堰の改築とあわせ、上下流の川底や堰の両岸の堀削を行うことで、河川の断面積が約6割増加し洪水を安全に流す能力が大幅に改善されます。