九州地域のさらなる発展のため貢献します

 九州の産業経済、観光、都市や地方の地域間交流による人流・物流の促進のほか、大規模地震等に対する災害支援のための道路ネットワークの充実と、異常気象により頻発する集中豪雨等に対し、被害を軽減するための河川堤防等の整備が、九州地域のさらなる発展には必要不可決と考えています。
 当会社は、これらの社会資本整備の推進に向けて貢献していくことを目標に取り組んでいます。

マネジメント事例

マネジメント事例一覧
  1. 国道3号 博多バイパス(福岡県)

    福岡市東区下原から福岡市東区二又瀬に至る延長7.7 kmの国道3号バイパスです。

  2. 三光第2トンネル(大分県)

    三光本耶馬溪道路の中津IC~田口IC(仮称)区間に位置するトンネルです。

  3. 遠賀川 中間堰(福岡県)

    中間堰は、工業用水等の取水を目的として昭和4年に設置された堰です。

  4. 川内川 曽木の滝分水路(鹿児島県)

    曽木の滝分水路(そぎのたきぶんすいろ)は、平成18年7月洪水において大きな被害を受け...

  5. 大牟田連続高架橋(渡河部)(福岡県)

    一般国道208号有明海沿岸道路大牟田IC~大牟田北IC区間の大牟田川を渡河部に位置す...

  6. 矢部川大橋(福岡県)その2

    本橋梁基礎(矢部川大橋主塔基礎)が建設される当該地区では、地表面からGL-10m付近...